風の便り from あらし山

雲の変化を愛でて、自然の移ろいを語り、人生の機微を楽しむ。ある時はミカン山から、ある時は雑踏の中から、雲の変化の如く・・・。
<< April 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ハナミズキ(花水木)

 あらし山の”ハナミズキ”が白い花を咲かせている。

 山荘への私道の入口に何本か植えたのだが、耕土が浅いためか枯れたりしたので都度植え直したり、夏は潅水をしたりしてきた。そのせいか厳しい冬の寒波にも耐え、少しずつ大きくなり花を咲かせてくれている。

 ハナミズキの原産地は北アメリカ東部で、米国東海岸からミシシッピー川あたりまで自生しているという。

 そういえば、かつて読んだ”ジョン万次郎”の生涯を描いた小説「椿と花水木」(津本 陽)には、”花水木(ドック・ウッド)の薄紅や白の花が、けざやかに浮き立ちフェアヘブンの町なみの眺めをにぎわす六月がきた。”、という文章がある。万次郎が乗っていた漁船が難破し、漂流していたところを助けてくれた捕鯨船のホィットフィールド船長に伴われ過ごしたフェアヘブンの町はマサチューセッツ州にある。

 ハナミズキは米国では「ドッグ・ウッド」といい、この小説の「ドッグ・ウッド」の章には万次郎とキャサリンの淡い恋が描かれている。この恋が実際にあったかどうかは不明だが、多感な青年期の万次郎が米国で恋をしたと考えても不思議ではない。むしろ、このノン・フィクションかもしれない恋が、小説の中の万次郎を明るいものにしている。

 ”椿”は万次郎の生まれ育った足摺岬を、”花水木”は教育を受けた米国の街なみを表していると思うが、案外、万次郎とキャサリンの淡い恋心かもしれない。

 

 花水木には、一青窈”さんが作詞した「ハナミズキ」という名曲がある。

♬ 空を押し上げて

  手を伸ばす君 五月のこと
  どうか来てほしい
  水際まで来てほしい
  つぼみをあげよう
  庭のハナミズキ

  薄紅色の可愛い君のね
  果てない夢がちゃんと
  終わりますように
  君と好きな人が
  百年続きますように

 

 歌ってみたいと思うが、なにせリズムが難しい。

 でも花水木の花が綺麗に咲いてくれたので、ちよっと頑張ってみるかな。

 

【あらし山のハナミズキ】

 

180410ハナミズキ

コブシ(kobus)の花が咲いた

 あらし山のコブシの花が咲いた。

 苗木を植えてから、いつかいつかと心待ちにしていたが、ようやく花が咲いた。

 と言っても、♪こぶし咲く あの丘 北国の〜♪という「北国の春」の歌詞に出てくるから植えたわけではない。

 

 ”生きている鳥たちが 生きて飛び回る空を

  あなたに残しておいてやれるだろうか 父さんは

    目を閉じてごらんなさい 山が見えるでしょう

  近づいてご覧なさい 辛夷(こぶし)の花があるでしょう”

 ・・という、学生の時に高石ともやとナターシャセブンの「宵々山コンサート」のレコードで聴いた、この歌に共感したからである。

 「私の子供たちへ」という歌であること、作者は笠木透さんであることは後で知った。

 とにかく、レコードから歌詞を聞き取り、演奏すべくコードを探った。

 この歌は田舎の自然の中で育った者として、この環境をどう次代に遺していくかという問題提起をしてくれた。

 これが、今の「あらし山」の原点になっている。

 ”父さんは”というところは、”爺ちゃんは”となってはいるが・・。

 

 この花はモクレン科で、学名は”kobus”というらしい。

 別名「田打桜(たうちざくら)」や「種まき桜」ともいい、昔の人はこの花が咲く頃に 田植えを始めたり、種を蒔いたりした。花の向きから豊作になるとどうかを占ったりしたようである。蕾が開く直前の形が子供の握りこぶしに似ていることや、コブシの実はゴツゴツしていることから”こぶし”と名がついたとも言われる。

 花言葉は「信頼」である。

 

コブシの花

達成の桜

   2011年の桜は「再起動の桜」であった。

 長い間勤務した職場を退職した時に新居浜の武田さんから”リセット&再起動ですね”とのメッセージをいただいた。

 あぁ、そうかと思い、その年の桜は「再起動の桜」とした。

 今年は「達成の桜」である。

 両親がリタイアし、どうしようかと思っていた生家を「あらしやま山荘」としてリニューアルし、代々のミカン山も「あらし山」として再生することができた。この地で年輪塾で学んだことを反芻し、あらたに二宮金次郎の「報徳」と宮澤賢治の「農民芸術概論綱要」の融和をはかり実践をしてみようと思う。

 最後にやり残した”気象の仕事”も、この3月末を以て終了した。

 これからは気象予報士を取得した初志に帰り、義務感なくライフワークとして取り組もうと思う。

 空をみあげ雲の観察し、季節を感じる、フィールドに徹する「臨床気象学」を提唱したい。

 

 若松さんは去年の年輪塾処志検定の折に、”自分の寿命を想定し、後半の人生設計を組みたてよ”と言われていた。

 すでに82歳を人生の終焉と決めている。

 これは、あらしやま山荘を建てた祖父が亡くなった歳である。

 そして75歳をミカン作りの最後の歳と決めている。

 それは父の後ろ姿をみているからである。

 その歳になるとミカンのコンテナを持ち上げることが難しくなる。

 となると、あと10年が実働年齢といういうことになる。

 

 「大學」に”物に本末あり事に終始あり先後する所を知れば、則ち道に近し”とある。

 世間では今日から新年度が始まるが、あらし山では本日からラストステージが始まる。

 悠々自適なんて思っているわけではない。

 「遺し伝える」ことがテーマである。

 

 -- 「倚りかからず -----

 

 もはや、できあいの思想には倚りかかりたくない
 もはや、できあいの宗教には倚りかかりたくない
 
もはや、できあいの学問には倚りかかりたくない
 
もはや、いかなる権威にも倚りかかりたくはない

 ながく生きて、心底学んだのはそれぐらい
 じぶんの耳目、じぶんの二本足のみで立っていて
 なに不都合のことやある

 倚りかかるとすれば
 それは
、椅子の背もたれだけ

   (茨木のり子 「言の葉」より)

 

【桜が満開のあらし山】

桜2018

枝垂れ梅満開

 あらしやま山荘の枝垂れ梅が満開になりました。

 この枝垂れ梅は、祖父から生まれた時には、庭にこのような状態であったと聞いています。

 我が あらしやま山荘の庭のシンボルですね。

 毎朝、この梅の樹を眺めながら、朝食にフルーツを食べて、楽器を弾くのが日課です。

 去年は2月19日に満開でしたが、今年は3月3日が満開となりました。

 二週間ほど開花が遅れたことになります。

 梅の開花は、桜と比べて規則性に乏しく、開花時期の比較は難しいと言われていますが、そんなことはありません。

 梅は梅でキチンと冬の気象状況を教えてくれています。

 今年は梅の開花が遅れ、桜の開花は早まるようです。

 さて、そうなるとミカンの芽立ちや開花はどうなるのでしょう。

 これで品質が決まりそうなので・・・。

 とは言え、梅は咲いたが桜はまだかいなぁ〜の気分ですね。

 

180303枝垂れ梅満開

ミュージカル「KINJIRO!」松山公演

 先日、わらび座の担当者が”あらし山”に来られた。

電話で、どちらにいらっしゃいますか?と尋ねられ、あらし山だと答えると伺いますとのこと。

えっ、わざわざ山ん中まで来るのと思ったが、来るという。

 2月2日にあったミュージカル「KINJIRO!」松山公演のお礼らしい。

 二宮金次郎のミュージカル化を聞いたのは、一昨年の7月に掛川の大日本報徳社でのことだった。

 以前、年輪塾で県内の学校にある金次郎像の調査をしたこともあり、ぜひ愛媛県での公演を実現させ、広く二宮金次郎の人間像を知ってもらいたなと思った。

 それから少し経った頃に、わらび座から電話があり、愛媛でのミュージカル公演について話し合ったりした。

 愛媛での公演では、なにか他と違ったことをしたいと思い、わらび座にオープニングセレモニーを年輪塾でやりたいと持ち掛けた。二宮金次郎と言っても、その生涯を知っている人は少なく、そう言えば小学校に銅像があったなというくらいである。

 塾長の若松さんに、学校の金次郎像が持っている本に何が書かれているか?などを面白く話してもらい、KINJIROU Song(原曲は小学校唱歌)をシングアウトしてはどうかと考えた。さらに大洲市の西田さんからブルゾンの制作資金をいただいたので、当日は、揃いのプルゾンを着てオープニングセレモニーに臨むことになった。

 KINJIROU Songの練習は2回だったが、実質は半数以上の人が1回のみで本番となり、どうなることやらと思ったがなんとか終わりホッとひと安堵、いやはやなんとも。(下記のYouTubeでご覧ください。) 

 ミュージカルについては、さすが"わらび座"である。

 金次郎さんの人生を知っているだけに、初めはどうなる展開になるのか不安だったが、笛や太鼓など色々な楽器を総動員した迫力ある展開と、金次郎さんの後半の人生に焦点をあてた脚本が良かった。それにしても七人くらいの出演者で、入れ替われ立ち代わりの役どころで、あれもこれもと楽器を奏で迫力ある舞台には脱帽である。

 わらび座の担当者から出演者の色紙をいただいたときは感無量であった。

 我々のオープニングセレモニーは無謀というか、知らぬが仏というか。

 今思うと赤面の至りであるが、なんとか結果オーライだったらしい。

 肝心のミュージカルを観て、報徳運動も金次郎像から脱皮せねばと感じた。

 今や時代は変化しており、若い人たちの時代である。

 

180202ミュージカル「KINJIRO!」

 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.