ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< みすゞさんとダイダイと・・豊予海峡 | main | 「引き算型の人生」・・を >>
2012.03.07 Wednesday

美しいメロディーと永遠のメッセージ

 先月の27日、松山市民会館での「森山良子&白鳥英美子ハーモニックコンサート」に出かけた。JAバンクに年金口座を持っていると抽選で招待券がもらえるというポスターを見て、これはいいやと思い、年金にはちょっと早いが父に活躍してもらうことにした。生来、くじや抽選などは当てにしないほうで、まぁダメとちゃうかと思っていたら、なんと地元のJAから連絡があった。これは春から縁起がいいや。
 トワ・エ・モワの白鳥英美子さんは清楚で爽やかな歌声で、一方の森山良子さんはエンターテーナーぶりに圧倒された。始めて聞いたがさすがである。ロビーで森山良子さんのCDを買い求めた中に今回の話がある。なんと、なにげなく聴いた最後の曲はチャップリンの「ライムライト」のテーマ曲で、手回しのオルゴールで歌ものであった。シンプルなほど感動が大きい、これが最高だった。

  「エターナリー」 詩:山川啓介

 いつまでも あなたに
 この愛をあげましょう
 人は弱くて 寂しいから
 知らずに誰かに 寄り添う

 こんなにも あなたを
 愛せるのはきっと
 出会った人達から 愛を
 教えてもらったからでしょう

クリックで挿入

 この歌はチャップリン作で、主演の映画「ライムライト」で主題歌として使われ、チャップリン自身の作曲である。この映画はチャップリンの最後の映画で、彼の人生のテーマがこの美しいメロディーの中に包まれている。

  カルベッロ(チャップリン)の悲しいほどの大きな愛
  カルベッロの芸に対する誇りと強さ
  老いていくことの残酷さと哀しさ、寂しさ・・・
  若さの輝きへの憧れ
  そして、そこに新しく溢れ出てくるもう一つの「何か」・・
  ライムライトに照らされたスターは、やがて若く新しい人のために舞台を去っていく
  それは「いのち」を引き継いでいくこと
  それは「思い」を引き継いでいくことなのかもしれない・・
  −あるバレリーナとある道化役者の物語−である。

 このタイトルが、なんだか心に迫る。
 年をとったということなんだろうなぁ。

 エターナリー(ETERNALLY)とは「永遠に」という意味。
 チャップリンはこの美しいメロディをとおして、永遠のメッセージを送っている。

 チャップリンはこう言っている。
  人生は、すばらしい...
  必要なのは、勇気と想像力と少しの金さ

 「Eternally」

 I’ll be loving you Eternally
 With a love that’s true Eternally
 From the start within my heart it seems I’ve always known
 The sun would shine when you were mine and mine alone

 I’ll be loving you Eternally
 There’ll be no one new, my dear, for me
 Though the sky should fall remember I shall always be
 Forever true and loving you Eternally

 あなたにもたくさんの想いが届きますように・・・。

コメント
清水さんの感受性の豊かさを、改めて感じました。
きっと清水さん自身、沢山の愛に包まれていらっしゃるのでしょうね。羨ましい・・・
それから・・・随分早起きですね・・・
  • なおこ&みなみ
  • 2012.03.09 Friday 13:16
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album