ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 処士(志)の意味を問う! | main |
2017.12.12 Tuesday

愛媛新聞の記事(影法師みかん山ライブ)

 11月17日の愛媛新聞に、あらしやま山荘での「影法師みかん山ライブ」の記事が載った。

 この3日前に開催したものだが、この影法師ライブは去年の同時期に八幡浜市内の道の駅で開催したものの開催を託した団体に問題があり運営が不透明で、なにやら残念な結果に終わった。今年は我があらしやま山荘で”みかん山ライブ”として開催し、「北と南の農村交流」がテーマで、歌を通して互いに交流したいと思った。

 原発の地元だからこそ歌を通して想いを深めることが大切で、元来、フォークソングはそういうものだ。

 ライブの最後に、参加者全員で「花は咲けども」「美しい村」をシングアウト
 

 思うと、去年のこの時期にボブ・デュランがノーベル賞をもらったんたんだ。

 ノーベル賞の授賞式で、本人の代わりにバティ・スミスが歌った「はげしい雨が降る」は最高だった。

 年が明け、あらしやま山荘をリニューアルしライブ機器も揃え、生まれ育った家を古民家として再生しライブを催した

 去年の心残りだった「影法師ライブ」も、あらためて愛媛新聞に取り上げてもらった。

 さて、年があけると”蔵”を整理し、念願の「あらし山シアター」をつくるとするか!

 

影法師ライブ(愛媛新聞)

 

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Powered by
30days Album