風の便り from あらし山

雲の変化を愛でて、自然の移ろいを語り、人生の機微を楽しむ。ある時はミカン山から、ある時は雑踏の中から、雲の変化の如く・・・。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
レッドベリー、この”オッサン”は凄い!

 「くつが一足あったなら」の原曲である「Goodnight Irene」という曲を作ったレッドベリー(Lead Bellyという人を調べていると、なんとビートルズの誕生にも関係していたということがわかった。

 彼の生まれた年は1888年、日本では明治21年ということになる。
 このオッサン、有名な話だが人を殺めて刑務所に入っている
 彼の歌はよほど多くの人に感動を与える力があったらしく、服役中に書いた曲が州知事を感動させて、35年の刑罰から2年で釈放されたと言われているが、釈放されてから5年後に刑務所で再び服役している。この時は白人の音楽学者が州知事に早期釈放を陳情し、放免されている。

 まさに、”芸は身を助ける”とはこのこと!

 その後、出所してレコードを出すのだがセールス不十分で売れず、脅迫でまたまた刑務所に戻っている。
 1940年に釈放されるとフォークブームで、ウディ・ガスリーやピート・シーガーらに歓迎され、1950年代にはフォークが一大ムーブメントになる。
 一方、イギリスでは彼の歌が大ヒットし、それが「スキッフル・ブーム」を生み出し、これがビートルズなどブリティッシュ・ロック・バンドの誕生のきっかけとなる。”スキッフル”というのは、カントリー、ジャズ、ブルースなどの影響を受け、最近のバンドの原型だと思ったらいい。
 さらに、アメリカではピート・シーガーが彼の曲「Goodnight Irene」をカバーして全米ナンバー1になるが、この大ヒットは彼が死んだ1年後のことだった。この曲を気に入ってカバーしている人たちは数知れず、彼の歌はよほど多くの人に感動を与える力があったらしい。

 ・・・ということだが、レッドベリーの詳しいことは、鳥取のブルーズ野郎に教えてもらうとするか!

 

Leadbally

 

 

 

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wind.arashi-yama.net/trackback/1187168
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.