風の便り from あらし山

雲の変化を愛でて、自然の移ろいを語り、人生の機微を楽しむ。ある時はミカン山から、ある時は雑踏の中から、雲の変化の如く・・・。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
明暗を分けた石垣の存在

 先日、NPO法人坂の上のクラウド利用研究会の理事長をしてもらっているJWFの牧さんから電話があった。

 ”田舎には、いろんな山道があるやろ。山道には溝があって山水が出ると排水路になっている。それが最近では廃園などが多くなって手入れができていない。それが詰まって機能せず、山水が脇にそれて流れて崩れるようになっているんじゃないか”というものだった。実に身につまされる話であり、他人事ではない!

 今回の梅雨最終の豪雨被害は凄まじい。

 平地の川が氾濫し浸水被害もさることながら、至る所で土砂崩れが起こっている。

 昨日、所用で出かけた折のこと、柑橘園がスダレのように土砂崩れが起きた光景が目の前に広がった。

 見ると近年の園地造成で、斜面に柑橘を植えているだけの園地である。

 近くの石組み(石垣)の園地には、被害は見られない

 この状況は、あらし山の地元でも同様で、それも先祖が築いた石垣において顕著である。

 それにしても昔の人はエライものだ、地形を知り排水のスベ(術)を知ってのことである。

 タネ(谷)筋毎に排水路を小まめに設け縦に通る山道も排水路である。

 今や車が通らない山道は手入れが滞り荒れている所が多いが、これらの山道こそ重要な排水路であることを今回の豪雨は教えてくれている。

 この教訓を忘れてはいけない!

 

【柑橘園の土砂崩れ】

2018明浜豪雨被害(1)

【園内の排水路】

2018明浜豪雨被害(2)

【昔ながらの石組みの園地(無被害)】

2018明浜の石垣(無被害)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wind.arashi-yama.net/trackback/1187170
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.