風の便り from あらし山

雲の変化を愛でて、自然の移ろいを語り、人生の機微を楽しむ。ある時はミカン山から、ある時は雑踏の中から、雲の変化の如く・・・。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「楽農ゼミナール」2018 〜鎌倉研の歌と語り◆

 次の曲は、仙台の空襲を取り上げたものである。

 あらしやま山荘の仏間にある戦死した叔父の写真を見て、歌おうと思ったと話している。

【ブラザー軒】

 

”鎌倉さん、今日のメンバーは「ぼやきフォーク」が通じるよ”と耳打ちしたら、この曲となった。

思った以上に反響があり、同世代の共感を誘ったかもしれない。

【チューリップのアップリケ】

 

続いて”ブルーズ”である。

鎌倉さんの歌を聴いていると、上田正樹を彷彿とさせる。

ぜひ歌って欲しかった曲である。

【Bluesやって】

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wind.arashi-yama.net/trackback/1187177
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.