風の便り from あらし山

雲の変化を愛でて、自然の移ろいを語り、人生の機微を楽しむ。ある時はミカン山から、ある時は雑踏の中から、雲の変化の如く・・・。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
あらし山チロルの谷

 先々月の15日、公益社団法人 大日本報徳社の鷲山社長ご夫妻が”あらしやま山荘”にみえられた。

 愛媛報徳社あらし山「報徳塾」の設立総会に出席のため、遠路、静岡県掛川市からお越しいただいた。

 ご夫妻の”あらし山”滞在は実に七年ぶり、年輪塾の「尊徳公開セミナー」に出席いただくために、二宮金次郎七代目のご子孫である中桐さんと一緒に"あらしやま山荘"にお見えになって以来である。その時は暴風雨で、真っ暗な山道を辿り着かれたために、ゆっくり周りを見る余裕はなかったようであるが、今回は秋晴れに恵まれて、ゆっくり滞在していただいた。

 鷲山社長は元東京学芸大学の学長さん、奥様は東京外国語大学の名誉教授で、それぞれドイツ文学とドイツ演劇がご専門である。

 二宮金次郎を介しての不思議なご縁である。

 

 設立総会を終えて帰られる朝のこと、鷲山社長が”あらしやま山荘”の二階に腰掛けられ、こう言われた。

 「ここの眺めはいいねぇ。

  以前、チロルの谷に行ったことがあり、もう一度行きたいと思っていたんだが、ここで十分だねぇ。

  ・・と。

 ”あらしやま山荘”は、昭和7年から標高200mの石垣の上に建っている。

 この地で10代営々と暮らしており、ここから見える眺めが大好きで私の原風景でもある。

 ここに来るためには2Kmほどの山道を車で走るが、初めての人には”この先に家があるのか?”と尋ねられたりもする。

 それでも、こんなに褒めていただいたことはない。

 

 そうだ、これから「あらし山チロルの谷」と呼ぶことにしよう!

 山あいの一軒家でも人は来る!

 有難い、ミカン山が喜んでいる!

 

【あらしやま山荘からの原風景 】

あらし山チロルの谷(2)

【あらしやま山荘からの原風景 】

あらし山チロルの谷(1)

 

 

コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://wind.arashi-yama.net/trackback/1187182
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.