風の便り from あらし山

雲の変化を愛でて、自然の移ろいを語り、人生の機微を楽しむ。ある時はミカン山から、ある時は雑踏の中から、雲の変化の如く・・・。
<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
CATEGORIES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
「楽農ゼミナール」2018 〜鎌倉研の歌と語り〜

この曲は「浅草染太郎お座敷LIVE」のCDに入っている。

軽妙なリズムがいいねぇ。

【上海Good Old Days】

 

続いての曲は大阪の歌を作ってくれ頼まれ、お礼にタオルを作ってもらったそうである。

船場という名前の響きはいいねぇ。

【船場浪漫】

 

鎌倉さんが初めて作った曲らしい。

「大阪」懐かしい響きやねぇ!

この歌、大好きでっせぇ〜。

【Osaka Blues】

 

 

 

 

「楽農ゼミナール」2018 〜鎌倉研の歌と語り◆

 次の曲は、仙台の空襲を取り上げたものである。

 あらしやま山荘の仏間にある戦死した叔父の写真を見て、歌おうと思ったと話している。

【ブラザー軒】

 

”鎌倉さん、今日のメンバーは「ぼやきフォーク」が通じるよ”と耳打ちしたら、この曲となった。

思った以上に反響があり、同世代の共感を誘ったかもしれない。

【チューリップのアップリケ】

 

続いて”ブルーズ”である。

鎌倉さんの歌を聴いていると、上田正樹を彷彿とさせる。

ぜひ歌って欲しかった曲である。

【Bluesやって】

 

 

 

 

 

 

「楽農ゼミナール」2018 〜鎌倉 研さんとの出会い〜

 ”鎌倉 研”さんと初めて出会ったのは、平成28年10月28日のことである。

 松山市内のライブハウスで、楽農ゼミナールで友情出演をしていただいた中村さんが野村町でコンサートを企画された折に、フォークシンガー”鎌倉 研”という名前に出会った。誰だろうと調べると、北野たけしの「北野フォーク人生王」という番組で「彼はドアマン」を歌っていた映像を見た。この時のギター伴奏が、なんと中川イサトさんである。うまいなぁ!

 ライブハウスでの鎌倉さんの語りと歌に、すっかり惚れ込んでしまった。

 今回、ゼミナールと称したのは鎌倉さんの軽妙な語りの中に人生を感じたからで、彼のライブは講演そのものであり、歌とあわせた”講演ライブ”となった次第。

 この日の最初の曲は、その「彼はドアマン」である。

【彼はドアマン】

 

 二曲目は私に捧げてくれたらしいが、もっていき方が憎いね!

【男同士の話をしよう】

 

三曲目は”濡れ色の想い出”というCDの最初に入っている曲です。

【夕暮れ】

「楽農ゼミナール」2018 〜宮澤賢治との出会い〜

 宮澤賢治の「農民芸術概論綱要には、こう書かれている。

〜 おれたちはみな農民である。

    すいぶん忙しく仕事もつらい。

  もっと明るく生き生きと生活をする道を見つけたい。

  いまやわれらは新たに正しき道を行き、われらの美をば創らねばならぬ。

  芸術をもてあの灰色の労働を燃やせ。

  なべての悩みをたきぎと燃やし、なべての心を心とせよ。

  風とゆききし、雲からエネルギーをとれ。

  ここにはこれら不断の潔く楽しい創造がある。

  都人よ、来ってわれらに交われ、世界よ、他意なきわれらを容れよ。〜

 ・・・と。

 この「農民芸術概論綱要」を知ったのは、今から10年前のこと。

 年輪塾の第一回目の公開セミナーに山形から農民詩人でもある"星 寛治"さんをお招きして「宮沢賢治と私」と題して講話をしていただいた時である。上記の文章はかなりの要約であるが、この中に宮澤賢治の志が凝縮されていると思っている。

 小さい時から来る日も来る日も、ミカン山で農作業をしている両親の後ろ姿を見て育った。家業を継ぐ身であるにもかかわらず、その期待に応えられなかったが生まれ育った在所やミカンづくりが嫌いなわけではない。ただ成り行きに任せたわけではないが、振り返ると宮澤賢治を追いかけてきたたような気がする。

 学校では農芸化学を学び、仕事は土壌肥料の技術者だった。ミカン農家の出であるにも関わらず米麦の栽培指導もし、”あきたこまち”の導入や愛媛初のブランド米”こいごころ”を手掛けた。おまけに気象予報士となり”農家の農家による農家のための気象配信事業”の創業にも携わった。

 ちなみに、一番好きな宮澤賢治の作品は「グスコーブドリの伝記」である。

 羅須地人協会(らすちじんきょうかい)は、宮澤賢治が大正15年に花巻市に設立した私塾で、農学校を退職した後、ここに拠って自身も農業をしながら生活し、チェロを演奏しレコードを聴かせたりした。現在は花巻農業高校の敷地内に移築復元され、二度ほど訪れたことがある。

 定年を迎え両親がこの世にいなくなるなど想像もできず、生まれ育った我が家が負債として重くのしかかった。県の公益財団法人”えひめ地域政策研究センター”で地域づくりの仕事をし、若松進一さん達との出会いがなければ、この日は来なかったと思う。

 この10月8日は、生まれ育った在所を「あらし山」と号し生家を「あらしやま山荘」としてリニューアル現代の羅須地人協会として再生した日となった。これに先立ち、先月15日は掛川から大日本報徳社の鷲山社長が来られ、”ここは以前訪れたチロルの谷によく似てるよ”と言われた。それから、この在所を「あらし山チロルの谷」と称することにした。

 この日は地元八幡浜市日土町の皆さんなど49名の方が”あらしやま山荘”に寄り、鎌倉 研さんの歌と語りを堪能した。地元紙の愛媛新聞にも紹介され、ようやく”大願成就”である。

 生まれ育った在所と生家が”宝物”に変わった。

 有難い!

 

【10月15日付け愛媛新聞】

181015愛媛新聞「楽農ゼミナール」

【あらしやま山荘での「楽農ゼミナール」平成30年10月8日】

楽農ゼミナール2018

 

 

 

 

 

 

”Minato-machi Blues” in 八幡浜

  〜 背のびして見る 海峡を 〜

 ・・で始まるこの歌は、ご存じ森進一が歌った「港町ブルース」である。

 初めて聞いたのは中学生の頃だったと思う。

 北海道の函館を皮切りに、鹿児島県の枕崎まで日本列島を南下するように多くの港町が歌われている。

 4番目の歌詞の最後に”八幡浜〜”と出てきた時は嬉しかった。

 山間とはいえ、生まれ育ったのは「魚とミカンの町 八幡浜」である。

 ご当地地ソングと言えば、これしかない!

 ただ歌詞をよく見ると、港町とはいうもののほとんどが漁港である。

 しかも、いずれも太平洋側で日本海側の港町は入っていない。

 なんでだろう〜?

 この10月8日の「楽農ゼミナール」に、フォークシンガーの"鎌倉 研"さんに無理やりお願いして、ご当地ソングということで歌っていただいた。その折に、友人から”誰が詩を書いたんだろうね?”と尋ねられたが、作曲したのは猪俣公章さんだけど、アレっ誰だったけ?

 調べてみると、この曲は雑誌『平凡』が公募して、なかにし礼さんが補作したものらしい。

 皆さん、森進一は八幡浜を「やはたはま」と歌っていることを知ってましたぁ〜!

 

 それでは、"鎌倉 研”さんの「Minato-machi Blues」をお聴きください。

 松山には湊町もありますけど。

♪ 別れりゃ三月 待ちわびる

  女心の やるせなさ

  明日はいらない 今夜が欲しい

  港、高知 高松 八幡浜〜

 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.